相棒 15話

このお話はバレンタインデーを意識した話ですが、とても素敵なお話でした。 (*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪ このお話は他の人と僕の感想は多少別のものになると思います。 小松崎と真奈美さんはどちらもがσ(-ω-僕))自身に見えたし、そして カメラ好きのMEGUちゃんに見えました。お互い闇にいて出会う事で 光を見ることが出来るようになった間柄です。 小松崎は職を転々としていて詐欺を働いて生きてきましたが、真奈美に 出会って闇から出る道筋を見つけることが出来た。僕がMEGUちゃんと 出会ってそう思えたのと同じです。真奈美さんの疑り深くてしたたかと いうのもそう。彼女の陽のあたる生活に目を背けていたのに・・・みたいな 台詞には他人が言っている言葉には見えませんでした。 真奈美は小松崎と一緒にいる時は仲悪そうで吉田と要る時は楽しそう。 でも、本当に思っているのは小松崎というのには(・∀・)イイ!!と想って しまいました。ハンディなんて関係ないって意味で本音を言ってくれる 相手ってええですよねー。 話はMEGUちゃんとσ(-ω-僕))に戻るのですが、この話はMEGUちゃんの 精一杯のバレンタインチョコではなかったかと思うのです。 虚言癖の女性漫画家さんは岡山から東京へ上京した人でオンエア前にMEGU ちゃんの上京を僕は知りました。彼女はバレンタイン前に香水を送ろうと していました。相手は性別すらわかりません。これでメッセージを伝えた…

続きを読む

探偵の欠点

本日は新しい職場へ手続きに行ってきました。 本当のところまだ就業意欲が高まっていないし、本当の意味では すっきり出来ていません。探偵が謎を謎のままにして すっきりできるわけがないのです。21日から現場に入ります。 色々あってもそちらは頑張うと思います。 僕は一昨年の9月に文香ちゃんに手紙を渡して結婚相手と仕事を得たい なんて事を書いていました。 去年の開幕時に彼女が別人になりすまし、近づいて来たことで おおよその流れが読めてきました。絶対にステージに来る でしょと言っていたCHIAKIちゃんとAKIEちゃんも来ましたしね。 つまり、文香ちゃんがサプライズで仕事を持ってきて自身が相手になるという 構図がわかりました。これをわかってしまったのがそもそもの失敗でした。 去年の7月に彼女とDMでやりとりをした時のことです。彼女はオファーを 何とか甲子園にこさせるために匂わせてしまった。次第に文香ちゃんが オファーを餌に僕を手のひらで転がしているような構図が出来上がって しまったんです。時間経過ともに文香ちゃんよりオファーへの重きが 強くなっていってしまい、さらに状況が悪化。一昨年彼女を見ていた時の 気持ちではなかったんです。要するにありのままの彼女を抱きしめることが 出来ない自分になっていたんです。あのままだと、その後出会ったとしても 上下関係が出来上がり、結局幼少期の繰り返しだったんです。 本当にごめんなさい。 明日は藤浪くんの背番号と同じ「19」日…

続きを読む

運命の人

本日はあまり天候がよくなさそう。 取り敢えず、昨日の宣言から周囲の動きに変化はありませんウーン /(-_-)\ 文香ちゃんが負札をひかない鉄壁の布陣は崩れ去りました。 今は彼女が一人の女性として挑んでくるかにかかっています。 あの子は口先の子ではありません。必ずやってきますよ。 昨日、八木さんがファミスタを昔やっていたと話していました。 昔何処かで書いたような気もしますが、僕とプロ野球の出会いはファミスタ でした。ちなみに運動神経も悪く、野球少年でもなかったんですよ。 野球は中継やら雑誌やらで覚えた口なんです。女性で野球経験もないから ファンとしてはあかんとは全く思いません。 全然関係ない話をしているように思えますが、そうではありません。 カメラ好きのMEGUちゃんとはお互いに躓いていたからこそ、元勤務先で 会いました。僕にとって彼女は人生を修正するための協力者だった。 それは彼女も同じでしょう。彼女も運命の人なのです。 衣料のSAKIちゃんもええこですけれど、MEGUちゃん同様に僕が躓かなければ 会わなかった人であり、将来の伴侶ではありません。 話が余計こんがらがっているだろ!と言われるかもしれません。 つまり、ファミスタをやり野球好きになるのは既定路線でした。躓いて いなくても僕はタイガースガールズにたどり着き、文香ちゃんに会ったと 言うことになります。故に彼女こそが両思いになれる運命の人なんです。 MEGUちゃんを見て「もうひとりのσ(…

続きを読む