北見蓮子を考察する

異人館ホテルの続編が今やっているのでこんなお題で書きます(^_^;)

異人館ホテル殺人事件では金田一くんの相方の佐木(兄)が死んだことでも有名です。
蓮子に佐木を殺す理由が本当にないのです。これは以前も書きましたが、再検証です。
台本にト書きを書いて万代を殺した後に虹川をプールで殺しています。
これで犯人は何らかの方法で万代も殺した後に虹川を殺した可能性が高まるのです。
最初の万代をこんな方法で殺したのは虹川に万代が狙われて殺されたというのを悟らせないためですよ。

それゆえに例え佐木にトリックを見破られた所でそれがどれほどのダメージなんでしょう?
誰かがその手を使って万代を殺したということだけです。そもそも、このトリックならば、万代の
付き人の花江には実行がしやすいトリックでさらに好都合。
佐木をも殺した理由は蓮子はプライドが高くて自分のトリックを見破られたことも許せなかったのでしょう。
ただ、自信満々で考えたにしてはこれが失敗した時の保険のトリックを考えているのですよね(^_^;)

蓮子って神経症者というのがぴったりな人です。
17歳の時の古川宅での一件も被害者意識から出た言葉です。
プライドが高いので自分を貶めた人間が許せない。それで薬物を売っていた赤ひげのサンタ逮捕に執念を燃やしていた。
花江殺害もそんなところからかもしれません。

この記事へのコメント