術中にはまっているのでしょうか?

今まで文香ちゃんが嫁候補筆頭などという推理を展開を主に展開してきました。
一部ナビゲーター説もありますが、主には嫁候補説で固まっています。
本当に文香ちゃんが嫁候補であった場合に巧妙な作戦という気がします。

徐々に文香ちゃんが登場すると推理させておいてσ(-ω-僕))が「文香ちゃんが嫁候補」と何度も書かせることが
本来の目的だったのです。繰り返されることによってそのことが既成事実となっていくのです。
探偵にとって嫌なのは自分の推理が外れること。いつのまにやら文香ちゃんが出てこないと困るということに
なっている( ̄▽ ̄;) さらにσ(-ω-僕))は何年も振り回されて疲弊しており、嫁候補という人間が現れたら、
婚姻届けにもうええやんと思ってサインしそうにすら思えます。今更意地を張ってもということです。

文香ちゃんにとって都合がええのは自分がどんな人間かとかを見定められる前に入籍ができるということ。
恐らく出てきた以降にとんどん拍子で話が進むようになっているのではないでしょうか?
σ(-ω-僕))は自分が調べられたとは本当に真逆というくらいに嫁さんの情報を知らずに結婚することになるでしょう。
たとえそれがでっち上げられたものであったとしても裏どり捜査みたいなのをしている時間はありません( ̄▽ ̄;)
それに女性に執拗に嫌がることを聞いたりしてこないだろうと計算もされているのですよ(;^_^A

ただ、気になるのは対抗馬みたいな人もσ(-ω-僕))にみせていることでしょうか。


この記事へのコメント