出口は見えない。

出口が見えない。それどころか出口が見えたと思って急いでいけば、突き落とされると
いうのを繰り返しています。σ(-ω-僕))は好きだった人をコロナウイルスとまで表現してしまった。
名前は頻繁に聞くのに実体は見えない。ただ、女性にフラレタならばそれでいい。
フラレタ後も永遠に辱められないといけないのか?σ(-ω-僕))は倒れる事も許されず、
サンドバックのように打たれているボクサーのようです。今の自分は幽遊白書の戸愚呂兄の
最後のようにも見える。永遠に幻影と戦い続けるというね。そういやファントムって先日記事に
書きましたわ。嶺衣奈さんを見てσ(-ω-僕))は結局ナナさん(仮名)の幻影を追い続けているんだと
見抜かれているようでね。ナナさん(仮名)が「こちらを見ていなさい」と言っているようで
気にしていますが、もう彼女の今あるべきフィールドで頑張っていて欲しいという気持ちだけです。
こっちのコロナはワクチンも特効薬もないので困りましたね・・・。

本日は18年前に星野監督が胴上げされた日です。そんな日にσ(-ω-僕))は宙に舞うどころかσ(-ω-僕))の
気持ちはどんどん落ちていきます。苦しい最中星野さんにすがってみましたが、本日もダメのようです。
バスの車窓から元勤務先の新店舗を見て一回くらい入ってみようと思いました。
15日は締め日で明日から月初めになるんです。新店舗勤務の社員の人は前倒しで店舗に来ていたという
ことになるんです。始まり終わりで本日のサプライズを期待しましたが、重い体を引きずって帰る
だけでした。これもただの宣伝乙なんでしょうね(´Д⊂グスン どんどん自分を肯定できなくなっていきます。

サプライズか、ここ何年かこの言葉に振り回されました。
最初に誰が出てくるのかはわかりません。嫁候補さんというのが出てくるとして彼女はどんな顔で
どんな雰囲気で話すのか?σ(-ω-僕))には想像は出来ません。どれだけ考えてもいい言葉が見つからない。
σ(-ω-僕))自身が憔悴しきって選択肢がないので言葉は不要かもしれませんね。
これまでのブログ記事で仮定の話ばかりをしてきましたが、その嫁さんとやらが過程や家庭を大切に
する人にはσ(-ω-僕))には現状少しも思えません。察しがいいと思いますから意味がわかるでしょう。

最後に星野さんでもうひとつ。σ(-ω-僕))はメッセンジャー計画が1つの区切りをコンプリートするならば、
メッセンジャー側の人がおめでとうじゃないの?と皮肉交じりに言っていました。
星野さんが優勝監督インタビューで言った言葉は「しんどかった ファンの皆さんおめでとう」と少し
かぶる気はしますね。ちょっとそう思っただけです。
hosino_keri.jpg


この記事へのコメント