北京の冬

あと数日で北京オリンピックが開催です。高校の後輩が出るので注目です。
奇しくもσ(-ω-僕))の手術の日とオリンピックのスタートが同じです。
それだけじゃなくて事故った日に入院でその日は母方の祖母の誕生日です。
それはさておき、タイトルはオリンピックの話ではありません。

つい先日の相棒でピアノの先生が教え子と不倫していましたが、不倫していた先生の
役の人は古畑任三郎で絶対音感を持っている犯人に殺される役でした。犯人の不倫相手で
こちらも楽団の人間で音楽絡みです。そういえば、ハレ婚の龍之助は元々ピアニストでした。
今、古畑任三郎でDVDコレクションが出ていますが、木の実ナナさんが井口薫という怖い
ピアニストで音楽学校の先生役で真犯人を演じてらっしゃいます。不倫相手だった塩原
一郎の追悼コンサートでレクイエムを演奏したかったが、不倫相手のために家族から毛嫌い
されてその事もあって対立していた理事長をスタンガンで殺害するんです。
その時に彼女はピアノを壊してしまい、レクイエムを演奏したかったが、
無理なので壊れたピアノでも演奏できる北京の冬を演奏したんです。追悼コンサートには
あっていない曲でした。不倫がキーワードになっているので嶺衣奈さんが北京へ飛んだ今
何か意味があるのかと思ったんですが、関連性はわからない。

ちなみに井口薫も旅行しようとしています。当然するふりだけですけどね。
嶺衣奈さんは宮司アナと違って状況報告はSNSで行っている様子がない。
ほんまは日本にいたりしてってそんな事があったら、流石にサプライズやね(;^_^A



この記事へのコメント