嫌われる勇気1~2話

わりと好きな番組です(o´∀`)o._.)ウン♪

1話

モデルの天野の副業の集まりですが、所謂ママ友カーストのような集まりに
見えました。あれは収入の高いご家庭のご婦人が上位になって動いていて
あまり旦那の収入が多くないところは服従しかなく、人間関係も切れないので
めっちゃ厄介らしい。鈴村さんみたいに抜けたくても抜けれないらしいです。

さて事件ですが、モデルの天野とライバルと思われる二人のモデルが連続で
殺されます。ここでは天野本人か、天野のストーカーが犯人としては候補に
あげます。ストーカーなら二人を消し去りたい理由があります。
その天野が自害したので犯人は本来は天野をターゲットにしていて彼女の
立場が悪くなるように仕向け、最後は自害というシナリオを描いたのか?
と思いました。しかし、あっさり他殺の可能性が浮上(^_^;)
他殺ということになると、三人目の天野の殺害だけ殺し方が変わっているのが
不自然になります。最初の2件は刺殺ですからね。
犯人の植村は自分が疑われないために見立て殺人のように現場を作り上げて
います。しかし、二人のモデルを殺害しても天野の評価が上がらず、天野に
疑いまでかかったのでストーカーに殺させました。
しかし、ここで考えないといけないのはストーカーの自宅から「鍵をあげておく」というメモが見つかっています。警察は共犯者の可能性を疑うのは必然。
鍵を開けられるのはあの天野を中心とした集まりの人らなんで疑いが自分に
向く可能性があります(^_^;) 天野も自分で殺した方が良くないですか?

最後の蘭子さんのお裁きは通常のミステリーにはなく、楽しめました。
人をアクセサリー扱いって結構モテない男の話でよく聞きます(^_^;)

2話

ブラック企業のお話です。
一番気になったのは稲葉は殺された市川をゆすっています。
100万も恐喝しておいて逮捕されずに最後まで出ているのがひっかかり
ました。消えないペンは何か物語に絡んでくると思ったら、ダイイング
メッセージでした。自殺なので犯人は指し示していませんが。
市川もひどいですね、ブラック企業ゆえの自殺なのにそれを会社のために
もみ消すために壁紙をはるなんてね。犯人も仇討ちなら社会的に抹殺する
とかの方がええんちゃいますかね?

最後の蘭子さんのお裁きですが、死んでまで自分が嫌われないようにする
必要性はないのは納得。ただ、元電通の高橋まつりさんは欝になっていた
可能性もありますね。

最後に作中では二人も髪の毛を縛った女性が登場です。
どこまで続くんやろう(^_^;)