最終回 ※嘘を愛する女のネタバレあり

本日は国営放送の朝ドラの最終回だったそうです。
見ていないので関心がありませんでしたが、そう言われたら本日が最終回の
なりますよね。それと本日はプロ野球のテレビ中継も大凡の最終回みたいな
ものです。テレビ大阪さんは虎の勝利を最後に中継できて良かったですね。
江夏さんの厳しい意見も控えめだったのかな(^_^;)

文香ちゃん、そしてメッセンジャーの目的を推理してもうプロ野球で三シーズン目と
なってしまいました。しんちゃんがみさえに内田有紀さんで朝起こしてくれと言われ
お面を作りかぶって起こすというのをコミックスで見ましたが、それに匹敵する
くらい頑張ってますよ(笑)
冗談はさておき推理です。

文香ちゃんは何をもって受け入れられると思うのか?です。
文香ちゃん以上にσ(-ω-僕))が好みの顔の女性が存在するかもしれません。
文香ちゃん以上に好みのスタイルの女性も存在するかもしれません。
文香ちゃん以上にσ(-ω-僕))のかゆいところに手が届く女性が存在するかもしれません。文香ちゃん以上にσ(-ω-僕))の好みの料理を作れる女性がいるかもしれません。
彼女がどれだけ努力をしてもどれでも一番になれるか?と言えば、NOでしょう。
では、何が答えなのでしょう?

そこで出てくるのが「嘘を愛する女」に登場したゆかりさんです。
彼女は偽名を使って同居している小出桔平が病に倒れた後に彼の素性を
探る旅にでます。そして彼が生きてきた人生を受け入れることで本当の
伴侶となりえるというラストでした。
文香ちゃんはゆかりさんになろうとしているのではないか?という事です。
彼女はいつからいつまでかはわかりませんが、3年という期間を決めて
σ(-ω-僕))の人生を可能な限り知ろうとしている。σ(-ω-僕))が出会った
人にも可能な限り会って話を聞いているのです。σ(-ω-僕))の過去をネタに
した映像作品はそれを意味しているのではないか?ということです。
日々彼女は方法はわかりませんが、こちらを見ているというわけです。
可能な限りσ(-ω-僕))の人生を受け入れ、見守っていたことでオンリーワンに
なろうとしているのです。かけた時間というのは武器だと思うのです。
見て分かる何よりもです。
ただ、行き過ぎの点があってσ(-ω-僕))が許す許さないの問題では片付け
られません。「嘘を愛する女」でゆかりさんも結構やってましたが、
彼女はまだ「内縁の妻」と言えても文香ちゃんはσ(-ω-僕))にとっては
未だに顔見知りでしかありません。

さて結末は近いのかねー。