加藤といえば

山形の女医殺人事件の犯人も加藤でした。 中学から勉強もできて医者を目指していたが、高校で挫折して医者になりたくないと 言って志望を変えるがいじめで退学してその後大学へ行くも休学して女医さんを殺すに 至ったとのこと。憧れの職業の人を殺したのは偶然なのかどうなのか。 非常にわかりやすい神経症者の事例です。 犯人の彼が医者になりたいという夢が自発的に出たものであればいいのですが、恐らくは そうではないというのが彼の内向的な性格を見てからもわかります。 彼の父親がお医者さんで両親から医者になるような教育を受けきたのでしょう。 神経症者は基本的にやりたいことがないので親からの愛情を失いたくなくって 目指していたに過ぎないんです。 高校二年の時に挫折して医者になりたくはないと言っていますが、そうは言ってみたものの 本当にやりたいものが見つからない。幼少期からのコントロールの強い環境にいた子供には それがないんです。考えても中々わかりません。 自分の進むべき道が見つからずに最悪の選択してしまったという所でしょうか。

続きを読む