スタートは駅前から

遊戯王ゼアルで遊馬とアストラルの卒業決闘は駅前の広場でした。
遊馬にとってはアストラルとの最初で最後のガチンコ決闘なわけですが、最終の試練とも
言えます。アストラルは自ら試練となることで遊馬を導こうとしました。最終試練で勝利した
遊馬は死んでしまったカイトやバリアンの7皇帝を復活させています。ようするに失ったものを
取り戻した事になるんです。

事故現場も言い換えれば駅前でここから失ったものを取り戻す最終章になるということでしょうか?
家にいても次から次へ何かがあるようです(;^_^A じゃあそれはいつまで続くのか?
遊馬と言えば、ナンバーズ39希望皇ホープがエースカードです。それにまつわってゴールを考えて
みました。単純に3月9日・・・・こんな単純じゃないでしょ(;^_^A 2月3日から39日目というのも考えました。
6日がセブンス39話目だからというのもありかもしれない。
単純じゃないならば、4日です。なんや3と9に絡んでないやろと思うでしょう。
ナナさん(仮名)が出産した日、その翌日から事実上の産休が始まるってここにきてこれか!(|| ゚Д゚)ガーン!!
4日はオープン戦のチケットが販売されるんですわ。三日の可能性もありますが文香ちゃんならば、3と5の
間に出てくるのでは?と思ってね。それがファンサービスというものです(´▽`*)アハハ 34って結構繰り返し
キーワードになっておりましたやん。特にキーワードとして出てくる二人も3月に出てくるのでしょうか?

それと気になるのが3月15日です。最後ともとれるし、例の赤い部屋です。
燕党の蓮さんの誕生日であり、蓮とつく人らが最近ちらほら見受けられます。
今の環境がこの日で終わるとか。例えば、今の自宅が最終日とかね。

基本的に真実を知る者の登場日なんて出てきた瞬間に意味はなくなります。
何が真実で今後どのように展開していくかがσ(-ω-僕))にとって重要になりますのでね。
遊馬とアストラルの決闘にかけているならば、σ(-ω-僕))が取り戻すものって何なのでしょうか?
作品だとカイトと7皇帝、そして遊馬の両親が戻ってくる。記憶にあまりなかったんですが、遊馬は小鳥に
告られるんだよね( ̄▽ ̄;) σ(-ω-僕))も鳥に絡むことが多いわな。

最後にジャスティン・ボーアの背番号は41でした。これに意味を感じていました。
今月の21日は文香ちゃんの先輩歌手さんのライブの日です。σ(-ω-僕))が加工場に入って4年一か月の日でも
あるではないですか。それが41の意味では?

"スタートは駅前から" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: