ついに文月!

今年こそ真実を知る者と対面するんやと思っていましたが、7月の半ば近くになっても
真実を知る者には会える気配さえありません。

先日、金田一少年の事件簿のドラマが終了しました。
最後の事件はオペラ座館第3の殺人(原作名)でした。
霧生がレオナの舞台を密かに見に来ていたという話で原作を読み返しても気づかない
あることが頭に過りました。まさかな(-。-;)
それはさておき、アニメ版ではレオナ役は折笠富美子さんです。謎に関連しているのでは
ないか?と気になっている声優さんです。お相手の霧生役は聖闘士星矢のペガサス星矢役でも
お馴染みの古谷徹さんです。現在はコナンの安室役の方が有名でしょうか。
折笠さんも古谷さんとは共演はありませんが、OVAでは城戸沙織役を演じているので面白い
縁です。そして注目なのはコナンの映画で漆黒の追跡者では本上なな子という故人役で出
演しておられます。ななだけに大注目ですが、作中で北斗七星の話も出てきます。
毛利小五郎役の神谷明さんが北斗の拳のケンシロウ役だけに狙っていたのでしょう(;^_^A
しかも、シン役の古川登志夫さんは山村刑事役ですしね(;^_^A
実は神谷明さんが映画出演が最後となってしまいます。諸事情があったのでしょうか。

ところでσ(-ω-僕))は北京五輪の頃、ずっとキーワードじゃないか?と思って考えていたのが、
この時期のおは朝でなっちゃんがずっと7時13分ごろにアップでエレクトーンを弾いていた
事でした。通常進行ではこの時間にエレクトーンを演奏することはありません。
謎がわからないまま月日が過ぎてこのことをふと昨日くらいに思い出しました。
本日は職場復帰してから331回目でナナさん(仮名)にとっては区切りの数字です。
それをわかっているようなキーワードがありましたね。
なっちゃんがエレクトーンを演奏していた7時13分とは7月13日の事ではないか?と
思いました。加えて13とは漆黒の追跡者のことであり、7とは本上なな子の事では
ないかとね。ちなみに本上なな子役の折笠富美子さんもエレクトーンが得意です(  ̄ー ̄)*キラン
神谷明さんは漆黒の追跡者でコナン映画を卒業していますし、なっちゃんがおは朝に登場した
時期と神谷明さんが毛利小五郎としてオンエアに最後に登場した時期はかぶっています!

さらに言えば、なっちゃんと文香ちゃんは金田一の花村姉妹のようですが、二人とも
28日には縁があります。文香ちゃんはσ(-ω-僕))がステージで見てから28日で7年3か月で
なっちゃんはおは朝に登場して12年10か月です。1210って瑞穂ちゃんの病室番号や
ないですか∑( ̄□ ̄;)ナント!!

今月は7月ですが、7の倍数に意味があるように思ってきています。
最近注目の14、前から注目の35、嶺衣奈さんが結婚した年でもある21、
ガンケルの背番号の49、文香ちゃんのインスタの投稿数の28と全部7の倍数です。
真実を知る者の登場日を含めてキーパーソン達の登場日とも関連しているのでしょうか?

"ついに文月!" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: