意外な共通点

名探偵コナンの映画「ベイカー街の亡霊」を書いたのは野沢尚さんという脚本家で 故人となっておられます。 死因は自殺でヒロキくんと同じく、マンションからの転落によるものでした。 自殺は映画が公開された実に二年後(^_^;) ヒロキくんは養父であるシンドラー 社長に激務を押し付けられての自殺でしたが、野沢氏も何かに追い詰められていた のでしょうか? 野沢氏といえば、ドラマの脚本も手がけていて人気のドラマだった「氷の世界」の 脚本を書いたのもそう。松嶋菜々子さん演じるヒロインを愛した男性は彼女に 保険金をかけて連続して死んでいるという事実を不可思議に思った保険の調査員が 謎解きするミステリーです。調査員役は竹野内豊さんです。 人が何人か死にますが、理由はストーカーぽかったです(^_^;)  野沢さんはその前に「眠れる森」というストーカーだらけの話も書いていました。 中山美穂さんと共演していたのはキムタクだったね。 ちなみに遊戯王の無印の声優もしていた風間くんも出ていました。 亡霊と保険金殺人と聞いたらあのミステリーを連想せざるえないのですがね。 今頃気づいたの?と鼻で笑われそうです。それはええですけれど、亡霊のように σ(-ω-僕))の部屋に侵入して持っていったものがあるならば、返してほしいもの ですね。それとも君と再会して君の部屋に行ったらそこに持ち出したコレクションを 見せてくれる予定とか?((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル PS> 意外…

続きを読む

コナン映画の「ベイカー街の亡霊」が面白い

何を今更のタイトルです(笑) なぜ面白いかというこの作品は10年以上前に作られたものなのにσ(-ω-僕))に 対してのキーワードが満載で作られているように感じるからです。 まず、コナンとハドソン夫人の会話のシーンで何月何日?と訪ねていますよね? その日付は9月30日。カメラ好きのMEGUちゃんの誕生日です。 小嶋元太が蘭に渡した上着の色は緑。ベイカーストリートイレギュラーズは 少年探偵団の先輩というセリフ。お話自体は日本を担う子供の話であり、 親子関係も絡んでいました。アイリーン・アドラーも登場。 JTRの母親、ハニーチャールストンは夢多き女性。 よく考えましたな(*-ω-)*´ω`)*-ω-)*´ω`)ウンウン♪

続きを読む

もっと見る