子供の貧困の特集番組を見て

働きに出るようになってブログの更新が頻繁でなくなってしまいました。 これも致し方ないことですが、今後はどうなるでしょうか? 子供の貧困の特集番組を見ていて本当に辛い気持ちにまずなりましたね。 母親に引き取られたケースを紹介していましたが、一家の収入が低くて 一般水準と言われる家庭で生活していたら、手に入れられるものの手に入れ られずにさらには将来の夢も奪われる。取り上げられていたJKの女の子は 今後のために専門学校に行きたいのが彼女の本音だけど、母親は高校を出て 就職することを願っていると話していました。彼女は平日は4時間、そして 週末は8時間アルバイトしても生活はよくならず、現状は夢を諦めなければ ならない。どのような事情でそうなったかは語られていませんでしたが、 辛い現実です。 奨学金で大学に進学する子供もいますが、これにしても借金して進学する わけですからこれも大変なわけです。 総じて言えることは一番辛いのは多くの場合が片親という事で家族と本来 触れ合える時間、そして子供の夢が奪われる現実なのでしょう。 お金の問題でも別れてから養育費を振り込まない父親というのはわりに いると聞きました。これは奥さんではなく、子供に対して支払われるための ものですので親権が無くなったとは責任は最低限果たして欲しいと思います。 一時期できちゃった結婚が言葉として流行りました。5年以内に半数の 夫婦が離婚しています。別れようが別に関係ないかもしれませんが、 子供…

続きを読む

ハーフへの偏見特集を見て

西田藍ちゃんの関連でハーフによる偏見の特集を見ていました。 いじめにあったとか辛い目にあったみたいな事が特集でありました。 間違った思い込みというのは人間には本当に多い。 「バトンワリング」というバトンの競技があるんですが、僕はバトンを 回すのが普通だと思っていました。しかし、実際の映像を確認すると回しては いません。これも偏見なんです。ある人が友人を飲食店に誘ってそのお店が お寿司屋さんだとします。誘われた方が「お寿司は卵やかっぱ巻きなど魚以外 じゃないと食べれない。」と言ったとしましょう。日本人なのに魚ダメって なんなんだ!と切れようものならそれも偏見だ!という話になります。 このように偏見は日本人であったとしてもあります。 偏見といえば、僕には引きこもりや精神疾患などがありました。 精神疾患で辛かった言葉が「気のせいじゃないの?」でした。 何日も通院してキツそうな薬を飲んでも完全に回復することはないのに こんな物言いをされました。軽んじる発言はこれだけでは留まりません。 引きこもりも贅沢病なんて言われ方をされますが、「友達ひとりいなくて 何が贅沢なのか?」と思います。ネットやゲームに依存している傾向が 引きこもりにはありますが、そうしないと現状に押しつぶされそうになるん です。決して楽じゃないし、男性ならば彼女だって本当は欲しいのです。 僕のことにしろ、ハーフさんたちの物言いにしろ、言い合っていていも拉致は あきません。わからない人にはわから…

続きを読む

もっと見る