晴耕雨読

σ(-ω-僕))の三国志話のスタートです。 文香ちゃんは現在孔明が三顧の礼で迎えられた年齢と同じです。 彼女が孔明を再現しようとしているならば、彼女も現在晴耕雨読状態に あると言えるのかもしれません。 晴耕雨読とは晴れたら田を耕して雨になると自宅で読書をしているという 悠々自適の生活です。今風に言うと引きこもりニート(自宅警備員)でしょうか。 孔明は三国志演義によると、不細工を嫁にしたともっぱら言われていますが、 奥さんはええところのお嬢さん。要するに金持ちの娘です。 彼が結婚したのが25歳ですが、奥さんの実家が金持ちだからこそ晴耕雨読の 生活が出来たのです。 孔明に関する記述は非常にええもんが多いんですが、先日彼のことを評論 しているネットの記事で要約するとニートだった孔明を劉備が立ち直らせたと 記述されていました( ̄▽ ̄;) 今文香ちゃんらしきアカウントはtweetこそ 少ないですが、いいねの数がアカウントを作成したのが先月にしては異常に 多い。5000を超えているのです。Twitterで以前はtweetしまくっていた 西田藍ちゃんよりもイイネの数のペースは早いでしょう。「いいね」の数に 比例してtweetを読んでいるわけですから、文香ちゃんも現状晴耕雨読なのかも しれないという推測がたつわけです。 しかも、僕がオファーを受けるならば、彼女は玉の輿で孔明とほぼ同様になる と言えるかもしれません。 いつ出てくるんでしょうか?通常仕事を退職する時…

続きを読む

対人が苦手が人ほど完璧な相手を求める

以前より気になっていたネタです。 恋愛を中々経験出来ない人ほど相手の理想が高いケースが多いとは 思いませんか?理想はそこそこにしておけば、恋愛のチャンスも増えるのに ハードルが高すぎるために全然相手が出来ない。あるお見合いパーティに 参加した女性で「高収入、高い身長、優しくてリードしてくれてイケメン」 というような相手を希望しているというのをみました。ドラマや映画に出て きそうな相手です(^_^;) 対人関係が下手な人ほど理想的な相手にしがみつき、そして自分をとにかく 否定しない相手を探し続けます。ドルヲタと言われている人たちがアイドル たちに心地よさを感じるのは見た目だけではなく、ファン=お客を否定する ことがないからです。ゆえにしがみつくのでしょうね。 普通の対人関係でもこの手の人に味方すると、いざ否定の言葉をかけた時に 大変です。粗探しに必死になって追い回されるハメになります。 否定されずに周りがいてくれるのは幼少期の頃だけです。 僕自身が少なからず、こういう状況があり、脱却できなかった過去があります。 今は素朴な衣料のSAKIちゃんみたいな人が・・・と言うようになったのは 多少脱却できてきたってことかなと思っています。 文香ちゃんは好きですが、絶対的にああいう人を追い求めているわけでは ありません。

続きを読む

もっと見る